シンガポールドルの政策金利は? シンガポールドル(SGD)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

シンガポールドルと政策金利

今、円の金利はとても低迷しています。この金利は政策金利が大きく関わっています。

今の日本の政策金利は0.5%です。では、政策金利とはどういう意味なのでしょうか?

政策金利とは、中央銀行(日本の場合日本銀行のこと)が各銀行に貸し出す際の金利のことです。

つまり、この政策金利が上がらなければ円の定期預金などの金利は上がらないという仕組みです。

ですから、外貨取引が今人気があります。
中でも、円高傾向になってからは特にFXが人気です。

そしてそのFXで注目を集めているのがシンガポールドルです。

シンガポールドルはシンガポールの通貨単位で、「SGD」と表記されています。

シンガポールドルは通貨バスケット制を採用している為、ほぼ固定レートです。これが、シンガポールドルの最大の特徴といえます。

シンガポールドルは取扱い業者はまだ多くはありませんが、円での取引も可能です。

シンガポールドルの金利って?

FXをする際に必ず出てくる言葉として、「スワップ金利」というものがあります。

この「スワップ金利」とは通貨間の金利差のことで、毎日発生する金利です。

このスワップ金利を得る為には、金利の低い通貨から金利の高い通貨での取引をしなければなりません。

逆の取引ではスワップ金利を支払わなければなりません。

また、中国元/円やシンガポールドル/円などのように、売買どちらでもスワップ金利を支払わなければならない取引も存在します。

ですから、スワップ金利一覧などで事前に確認することが必要です。

中でもシンガポールドルは注目されている通貨の一つです。

シンガポールドルはシンガポールの通貨単位です。
シンガポールドルはアジア通貨の一つとしても知られています。
また、シンガポールドルは通貨バスケット制を採用している為、ほぼ固定レートとしても知られています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。