シンガポールドルのスワップ金利は? シンガポールドル(SGD)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

シンガポールドルのスワップとは?

スワップ金利という言葉を聞いたことがありますか?

スワップ金利は、FXをする際には必ず出てくる言葉です。

このスワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。

金利の低い通貨から金利の高い通貨を購入した際に発生する金利が受け取れるというしくみです。
しかし、逆の場合はスワップ金利を支払わなければならないので注意が必要です。

時には、売買どちらの取引にもスワップ金利を支払わなければならないような特殊な取引もあります。

代表的なものは、中国元/円、シンガポールドル/円などです。

中国元もシンガポールドルもアジア通貨として有名な通貨です。

中国元は再切り上げがうわさされていますが、そうなった際は、シンガポールドルも影響を受ける可能性がとても高いです。

シンガポールドルとは通貨バスケット制を導入している為、ほぼ固定レートです。ですから、シンガポールドルは安定した通貨として知られています。

スワップポイントとシンガポールドル

投資方法として話題を集めているFXですが、FXをすると必ずでてくる言葉に、「スワップポイント」というものがあります。

この「スワップポイント」とはどういう意味なのでしょうか。

スワップポイント」とは、通貨間の金利差のことで、金利の低い通貨から金利の高い通貨を購入した際に生じる金利は、スワップポイントとして毎日受け取ることができます。

一方、逆に金利が高い通貨から金利の高い通貨を購入した場合は、スワップポイントを毎日支払わなければなりません。

中には、シンガポールドル/円のように、売買どちらの取引でもスワップポイントを支払らわなければならない取引もあります。

そのシンガポールドルはFXで人気のある通貨の一つです。シンガポールドルはほぼ固定レートとして知られています。

シンガポールドルは取扱い業者は多くはありませんが、シンガポールドル/円取引も可能な通貨です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。