シンガポールドルで投資するには? シンガポールドル(SGD)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

シンガポールドルで外国為替

FXを知っていますか?FXとは、外国為替の一つで、「外国為替証拠金取引」といわれるものです。

つまり、小さな金額を証拠金として納めれば、大きな金額で外国為替ができるというシステムです。

円高の今、FXを初め、外国為替がとても注目を集めています。

外国為替をするならば、銀行よりもFXの方が有利に運用することが可能です。なぜなら、FXでは先述したとおり、小さな金額で大きな取引が可能ですし、リアルタイム取引もできます。また、手数料が無料の業者が多いので、無駄な出費を投資に回すことができるのです。

そしてそのFXで注目を集めている通貨がシンガポールドルです。シンガポールドルとは、シンガポールの通貨単位で、SGDと表記されています。

シンガポールドルは取扱い業者は多くはありませんが、シンガポールドル/円での取引も可能です。

シンガポールドルの最大の特徴は、レートが安定しているという点です。

資産運用術はシンガポールドルFX

最近は、団塊の世代の大量退職などで資産運用術についての情報がたくさんあります。

多くの人が、円の金利が低い今は、どのような資産運用術をもってすればよいのか、悩んでいるところだと思います。そして、多くの情報の中から、自分に合った資産運用術を探さなければなりません。

しかし、どの情報にもにも共通している資産運用術は、資産を分散することなのです。

そしてその資産運用術の一つとしても注目を集めているのがFXです。このFXは小さな金額で大きな取引ができるという特徴があります。その他にもFXは魅力がたくさんある為替取引です。


そのFXで今、注目を集めている通貨がシンガポールドルです。シンガポールドルとはシンガポールの通貨単位です。

シンガポールドルは通貨バスケット制を採用している為、ほぼ固定レートです。これが、シンガポールドルの最大の特徴といえます。

シンガポールドルは円での取引も可能です。

リアルタイムでシンガポールドルFX

FXの最大の魅力は「小さな金額で大きな取引ができる」ということです。そして、他にも魅力はたくさんありますが、リアルタイム取引ができるという点も大きな魅力の一つです。

為替は常に変動していますから、リアルタイムで取引できるというのは重要なポイントです。そして、当然チャートもリアルタイムで更新されます。

銀行などでは一定のレートで、リアルタイムでの取引はできません。デイトレードなどをする人には特にリアルタイムで取引できるかどうかというのは欠かせないポイントです。

そしてそのFXで今、投資家の間で話題を集めているのがシンガポールドルです。シンガポールドルは、通貨バスケット制を導入している通貨の一つです。ですから、シンガポールドルは安定した値動きをする通貨としても知られています。

シンガポールドルの取扱い業者はまだ多くはありませんが、シンガポールドル/円での取引も可能です。

シンガポールドル投資、外貨預金よりもFX

円の金利が低迷している為、銀行では外貨預金が人気を集めているようです。

円の定期預金よりも外貨預金の方が金利が高いからです。特に円高の状況である今は、外貨投資が注目され、中でも外貨預金は根強い人気があります。

しかし、外貨預金ではリアルタイム取引ができません。為替は常に動いていますから、リアルタイムで取引のできない外貨預金よりも、FXの方が有利に運用することができます。FXならばリアルタイム取引が可能な上、手数料も安く押さえることが可能です。

そしてそのFXで今注目を集めている通貨がシンガポールドルです。シンガポールドルとは、シンガポールの通貨単位です。

シンガポールドルは、通貨バスケット制を導入している為、ほぼ固定レートです。これが、シンガポールドルの最大の特徴です。

また、シンガポールドルは円での取引も可能な通貨です。

外貨投資で、外貨預金よりもシンガポールドルFXの方がお勧めです。

シンガポールドル預金について

円の預金の金利低迷が続く今、外貨預金の金利に魅力を感じると思います。

しかし、外貨預金では元本保証がなくペイオフの対象ではありません。

そこで、同じ為替リスクを負うのならば、外貨預金よりもFXの方がお勧めです。

外貨預金では手数料もかかり、リアルタイム取引ができません。FXでは手数料は無料の業者がとても多く、リアルタイム取引が可能です。

これらを比較してみても外貨預金よりもFXの方が有利なことがわかると思いますが、FXには他にもたくさん利点があるのです。

そしてそんなFXでお勧めの通貨がシンガポールドルです。

シンガポールドルはシンガポールの通貨単位です。

シンガポールドルは通貨バスケット制を導入している為、ほぼ固定レートです。

しかし、シンガポールドルはアジア通貨のため、中国元の切り上げなどで変動する可能性があります。

ですから、シンガポールドルで取引する場合は、中国元の動きにも注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。